基盤・我が国・都内に一門だけないもの。それは光明と楽しい先行き

小池都知事の政治ゼミナールのアクティベーションで、小池さんが「日本には都内にはあらゆるものがあります。けれども内だけないものがあります。それは切望です。」という挨拶をされていました。甚だ印象的でした。今まで何回も選挙をめぐってますが、今回の都知事選は初めて選挙をめぐってよかったなぁと思いました。なんかどうしてでも好ましいスキャンダルで政治実家の座を引きずり下ろされないように、小池さんには気を付けてほしいです。石原元都知事に言われた「厚化粧の大年増」という意地悪ですら、自分としていくような、婦人ならではの瑞々しい力を持っているのでこうしたキャパシティーに負けずに任期満了まで頑張ってほしいと思います。
そんな中で小池ゼミナールの内容、どんなアナウンスがあったかを潜入された自分が答えてくれていました。政治実家としてのポリシー、それをそのままにしては政治にならないので、そのポリシーを政治方針にどうして落とし込んで表現して出向くか?という筋道があったそうです。大いに凄いなと思いました。
自分の範囲で考えると、好みの話では、正式を読んだり勉強したりして、長々企てることによって、自分なりのポリシーに近づくのです。小池さんは別でポリシーが先にありきですな、考え方の道のりが別なんだと思って勉強になりました。食物の時に子供とその話をしていたら、小池さんの考え方の方がが前提じゃないの?と言われてしまいました。
女性が活躍して考える未来は希望が持てる可愛い先かもしれません。わき毛処理

基盤・我が国・都内に一門だけないもの。それは光明と楽しい先行き