素直になれないが故の懸念!本当はほしいペア指輪

自分で言うのも何ですが、とても自分はツンデレのツン事項が強めの適性をしていると思います。何でも素直に言うのが後ろめたいんですよね。あんな俺が耐えるのが、まあまあ長く付き合っている女房との「ペア指輪」。
普段からさほど飾りみたいをつけない俺ですが、密かにペア指輪には永年憧れがありました。但しそんな事梅雨も知らない女房は、「お前はああ言うの興味ないもんな」と決めつけ雰囲気。ここで「そんな事薄い!私もほしいよ!」なんて言えない天邪鬼な俺は、「およそねー」と返してしまったのです。
このままでは自分達の中でペア指輪が交換される事は将来ないでしょう。「何となくほしい」とワンポイント言えばすむ話ですが、それが出来ないから今日そうして耐えるのです。顔の脱毛が安いサロンランキング

素直になれないが故の懸念!本当はほしいペア指輪